FC2ブログ
プロフィール

でん

Author:でん
~当面の野望~
「小説家になって、
 今の仕事辞める。」

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ぽけでびBOX

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

週刊 YOUNG DENDAY
非常にテンションに波のある管理人です。 温かい目でよろしくです。
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもオフ潜入
2007/10/20 [Sat]19:49
category:小説家への道
先週、物書き志望の集まりに参加して執筆欲を煽った結果、狙い通り新作が書きあがったわけですが。

今週も行ってきました。
今度はライトノベル作家志望。

正直ジャンルが違うかと不安もあったんですけど、行った甲斐がありました。
すでにプロの作家さんがワークショップを開いてくれたんですが、なるほどな事を気づかせてもらいました。

何をしたかというと「どれだけ作品をアピールできるか」ってとこでしょうか。
新聞のラテ欄のような60文字という短い文章で、ひきつけるようなコピーを書かされたわけです。
多くの人があらすじを上手くまとめた感じに出来上がっていました。

でもそれだと固有名詞などを抜くと、どんな作品でも当てはまっちゃう当たり障りの無いコピーになってしまうんですよね。

「宇宙からの侵略。少年は巨大ロボットに乗って命を懸けて戦う。愛する人のために」

とか

「タロウはある日不思議な女性ハナコと出会う。運命の出会いは世界を変える。愛と友情の青春ストーリー」

みたいな感じ。


要はその作品は他の作品と比べてここが違う、という所を押し出さなければ似たような作品に埋もれてしまうという事でした。
で、自分の作品を思い浮かべます。
似たような作風が数ある中での自分の作品。
ここが他とは違う。いわゆる個性。
あまりないかな。(悲)

必ずしもそれが無ければいけないとは思いませんが、あった方が良い作品になることは分かります。
次の課題はここかなと気づかされましたね。

それから作品の講評会がありました。
講評してもらいたい人はあらかじめ期間限定の特別サイトにアップしておいた訳ですが、でんは文字が多くてアップできませんでした。
で、他の人たちの作品を読ませていただいたのですが、特に「おお~」と思わない限りコメントも出にくいなと。
可もなく不可もなく、つまりそんな作品。

やはり作品に「ここが面白いね」という個性があった方が有利だなと再確認。

特に厳しい意見を出していた数人の方に後日作品を送りました。
凹むほど厳しいのですが、なるほどと的も得ているので糧になるなと。
今からドキドキです。

長い時間で結構疲れましたが、実りも多い一日でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://roughtales.blog55.fc2.com/tb.php/95-3a8375e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Blog Pet

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

カウンター

ブログパーツ カウンターカウンター 無料アンチエイジング不動産 情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。