FC2ブログ
プロフィール

でん

Author:でん
~当面の野望~
「小説家になって、
 今の仕事辞める。」

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ぽけでびBOX

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

週刊 YOUNG DENDAY
非常にテンションに波のある管理人です。 温かい目でよろしくです。
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーライブ@銭湯
2008/01/09 [Wed]23:22
category:音楽
7日の月曜日、一時間近く電車に揺られて銭湯に行ってきました。
石野田さんによる今年初のライブがあったのです。
銭湯でライブ。なかなか面白い趣向です。

正直、当初は行くつもり無かったんです。
フリーライブという事で物凄いお得感はあったのですが、
月曜という平日で19時から。
仕事帰りでは結構ギリだったんですよね。
まぁ、21日のコンサートで会えるから良いかと高をくくっていたところ、
前日に彼女の日記で思わぬ告知が!!!!

なんと発売終了で手に入らなかった「キラキラ☆」というシングルが、
年末の大掃除で数枚出てきたらしく物販に並ぶとの事。
二曲目に収録されている「君とみる空」は未だ聞いたことが無く、
どうしても手に入れたい一枚でした。
という事で急遽強行することに決定。

当日仕事が終わって速攻で会社を出、
自転車で最寄の駅に向かい電車に駆け込みます。
30分近く余裕をもって会場のある中延駅に到着。
ところが、ほっとしたのも束の間、道に迷います。
第二京浜沿いに銭湯があると勝手に勘違いしていたんです。
ひたすら歩き続けました。半べそかいてます。
道すがら、とある金物屋さんで聞き込み。
どうにか5分前に到着。
駅から5分もしない場所に25分かけてたどり着いたのでした。

そこにはすでにお客さん達の並ぶ列が。
因みにお風呂に浸かりにきた人達ではありません。
銭湯は本日休業日。
で、テレビカメラが取材に来てました。
前に並んでいる女性がインタビューされていました。
後日そのレポーターが阿部千代さんと判明。
「なるほどザ・ワールド」を思い出します。
あなたの一番好きな曲は何ですか?という質問が聞こえてきます。
でんが聞かれている訳ではないのに考えます。
好きな曲、沢山ありすぎて選びきれません。
何だろううなぁ。

さて、遂に開場の時間です。
皆さん下駄箱に靴を入れて入っていきます。
ライブ開場ではまず見られない光景です。
まさしく銭湯、もしくは居酒屋でなら良く見るそんな光景。
脱衣所を抜けて浴場に入っていきます。
右側の水風呂&サウナ付近を陣取りました。
ステージになる浴槽がめちゃんこ近いです。
ふと最前列に座っている女性が、
しきりに携帯のストラップをいじっているのが見えました。
小さい鏡。続いて黒い毛玉の人形が目に入ります。
何か見たことあるなぁ……。
ナンジャタウンのストラップも見えました。ここで確信。

アレは黒猫(友達)だ。

驚いたことにヤツも来ていやがりました。
まぁ、前回のプラネタリウムの時といい今日といい、
これだけハマってくれていると勧めたでんも本望ですわ。

そして19時半。
拍手が響きわたる浴場に石野田さん登場。今年初の石野田さん。
プラネタリウムの時よりメチャメチャ近いです。
何か凄いです。テンション上がります。
軽く新年の挨拶をした後、一曲目「波乱万丈(仮)」。
(仮)と付いていますが、きっともうこれが正式名称になっているのでしょう。
「モーニング娘。」の「。」にあたる感じ。
聞いた事のない曲でしたがサビがとてもキャッチーで印象に残った曲でしたね。
ひらがな時代、レコード会社と契約を切られた時に作った曲だとの事。
何とかなるさと声に出して歌う事で前を向こうとしていた、
そんな思いが感じた曲だった気がします……たぶん。
できることならもう一度聞いて答え合わせしたい。
でもそれから何年か経ち色んな経験をしてきた今なら、
ひとつ付け加えたいと言ってました。
「何とかなるさ」ではなく「何とかしよう」的な事。
流れに期待するんじゃなくて自分から動くという事が大事。
そんなニュアンスだった気が。
これはでんも同意見です。
まぁ、分かっていてもできるかできないかの問題ですけどね。

二曲目は「夢の話」。
これは嬉しい。
kicca時代のお気に入りの曲です。
アコースティックバージョンも素敵でした。
ストロークはそんな感じなんだぁ。ふむふむ。
歌詞が切ないなぁ。そこがたまらないんだけど。
やっぱ、生声良いわ~。

三曲目「忘れよう」。
この曲は初めて聞きました。
でも第一印象ではちょっと弱い感じだったなぁ。
あまり印象に残っていない。
「夢の話」の余韻が残っていた所為もあるかと。

続いて四曲目「1等星」。
サビのファルセットが本当にいつも心地良い。
最後に「未来の~♪」と続くバージョンでした。
これは気分によって今日は歌っておこうとか決めるんでしょうかね?

五曲目「オリオン」。
何度かの挫折を経て、それでもやっぱり歌っていきたい。
そんな思いからの再スタートの曲。
この曲はでんにとっても励まされる曲、
そして重たいケツを叩かれる曲でもあります。
一番好きな曲は何?
今のでんはこの「オリオン」かなと思いました。
「いい加減諦めろ 誰かの声 だけど私は止めない」
ここの歌詞がとても好きだな。
頑張れと応援する気持ちとともに自らも諦めないぞと力をもらえる。
そんな風に受け取るでんです。

六曲目「なにもない」。
泣かせる女が聴かせて来ます。
気持ちが入りまくりで歌ってます。
彼女が心に響く言葉を紡ぎ出せるのは、
ここを経験したからだと思う。
上っ面の歌詞では人の心には響きません。

「去年はこの曲を泣きながら歌ってました。でも今年は大丈夫です。」

そう言った彼女の目は潤んでいました。
色んなことを思い出す一曲に間違いありません。

七曲目「クッキー」。
泣かせるセットリストですねぇ。
結構あちらこちらですすり泣く声が聞こえてきました。
でんもちょっときてたんですが、カメラも来てることだし我慢しちゃいました。
目を閉じて聞いていたら間違いなく涙こぼれてましたね。

そして最後の曲。
彼女が選んだのは「ぬくもり」でした。
いい曲です。
いい曲なんですが、でんの悪い癖が出てきてしまいます。
最後の曲と聞くと、あ~これで終わってしまうんだという焦燥感に駆られ、
歌に集中できなくなってしまうのです。
これはよろしくないですねぇ。

そして観客全員の拍手を受けて石野田さん退場。
もちろん拍手が鳴り止む訳がありません。
次第に二拍子に変わって行きます。
どんどん早くなっていきます。
また拍手になっちゃいました。
で、また二拍子。また早くなる。拍手。なんか笑ってしまいました。
そして石野田さん再登場。

「響く拍手が気持ちよくずっと聞いていたかったけど、
鳴り止むのが怖くて出てきちゃいました。」

コメントが可愛いすぎる。(笑)

お客さん達の中心へ移動してアンコール曲「海」を歌ってくれました。
まさにライブの最後の曲にふさわしい一曲。
彼女の感謝という気持ちが聞きに来た人達ひとりひとりに行き渡ります。
そしてみんなも同じ気持ちを彼女に返していたことでしょう。
「きっとまた会おう」という歌詞でライブは終了。
盛大な拍手の中幕を閉めました。

余韻に浸ることも束の間、いそいそと物販コーナーへと並びます。
ついに「キラキラ☆」が手に入る。しかもサインつき。
そう、なんとサイン会もやってくれちゃうのです。
小さい会場ならではの特典です。
ウキウキしながら並んでいました。
でんの前にカップルさんがいました。
「わたしのうた」以外のCD&DVDを全部買ってました。
大人買いです。
プラネタリウムの時のでんと同じことしてました。(笑)
ここで思いもよらない事を耳にしてしまいます。

「キラキラ☆の方が、もうこの見本だけしかないんですけど・・・」
「それでいいです。」
「ありがとうございます。」

何?

でんの番になりました。

「キラキラ☆もうないんですか?」
「売り切れちゃいました」

「まじっすか!!!!」

ありえないでしょ。
こんな事って。
だって、もう手に入らないんですよ。
それが目の前で最後の一枚をかっさられるなんて……。
笑いの神降臨ですよ。
芸人ならおいしいシチュエーションでしょう。
でも、でん芸人目指してないし。

あんまりだ~!!!!!!!!!!!!!

物凄くやりきれない気持ちでストラップ買いました。
今度はサインしてもらうために並びます。
心ここにあらずです。
いやいや、気持ちを入れ替えねば。
せっかくサインもらえるんだし。
ストラップに書いてもらっても使ってたら消えちゃうので、
入場の時にもらったカードにサイン頂くことに。

うわっ、めっちゃ近い。

「お名前は?」
「ひらがなで、でんさんへってお願いします」
「あ~、mixiの」
「あ、はい」

……なんか嬉しい。
ミクシーやってて良かった。
このあと握手したはずなのに覚えてません。
いい歳こいて舞い上がっていたようです。(笑)

Image213.jpg


でも帰りの電車では思い切り引きずってました。
やりきれない気持ちで泣いてました。
さすが泣かせる女……。
何でしょうこの気持ち。
絶対いけると思って告白したのに、
あなたとは友達にしか見れないと断られたようなそんな気分。

はぁ、せつね。
帰りヤケ食いのヤケ酒。

Image212.jpg


でんの携帯、見事に石野田&神津かぶれ。

20080108122807.jpg
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

こんにちは☆やまもっちと申します。
訪問者履歴(かなり前のかな?)を見てきました。
のぞいていただいてありがとうございます。
またよかったらのぞいてみてください。

紹介文どおり確かに熱いですね。パワフル♪
また遊びに来ます。では。
【2008/01/11 19:10】 URL | やまもっち #- [ 編集]


御訪問ありがとうございました。
やまもっちさんは料理が上手いですね。
でんの男料理とはジャンルが違う(笑)
また覗かせていただきます。
【2008/01/15 22:08】 URL | でん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://roughtales.blog55.fc2.com/tb.php/149-70f5d621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Blog Pet

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

カウンター

ブログパーツ カウンターカウンター 無料アンチエイジング不動産 情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。