FC2ブログ
プロフィール

でん

Author:でん
~当面の野望~
「小説家になって、
 今の仕事辞める。」

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ぽけでびBOX

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

週刊 YOUNG DENDAY
非常にテンションに波のある管理人です。 温かい目でよろしくです。
弱音
2007/11/27 [Tue]00:47
category:小説家への道
まいった。

ぜんっぜん書けない。

それでも搾り出して書くけど、全く面白い展開に広がっていかない。

締め切りまであと4日だというのに……

俺はこんなものか?

こんなもんなのか~~~~~~~~~!

はぁ。
スポンサーサイト
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

風邪か?
2007/11/19 [Mon]19:59
category:日記
朝起きて、頭痛い。
昨日の夜は黒猫といました。
つまり飲んでました。

最近二日酔いする身体になってしまったなぁと実感。
ちょっと前まではその日に頭痛くなって、
寝ちゃえば次の日すっきりだったのに。

重たい頭を抱えて仕事に行きました。
重たいままお昼に。
まだ痛い。
おい、でんよ!
こんなに引きずるのか、己は!!
夕方、帰宅時間。
……痛いぞ。何か寒気もするぞ。
小説書かなきゃいけないのに。
締め切り近くなると具合悪くなる、
たちの悪い身体です。
布団にもぐりこんでもまだ寒い。
こりゃやばいんじゃないか?
お熱を測ってみます。

35.5℃

うん、平熱。
やっぱり二日酔いだったみたいです。


先日、モノ書きさんの集まりで知り合ったラダさんから
でんの作品の感想いただきました。
この方、ものすごく鋭い評価をしてくださるのです。
ダメなものにも容赦ないです。
でもそれは的を得ていて、とても勉強になるのです。
予想通りのダメだしです。(泣)
しかも物凄く長文で。
ここは第三者の目で見て行きます。
やはり作品を客観的に見れたほうがいいと思うので。
なるほどと思うダメだし集です。
ここまで書き記していただけると本当にありがたいです。
「面白い」や「つまらない」の一言よりも、
細かく感じたことを書いてもらった方が嬉しいですからね。
それがダメだしだったとしても。
一通り読んで納得しました。
そして、ちょっと凹みました。(笑)

でも凹むほどの作品を書けているのかって話です。
まだまだへなちょこ作家ですから。
趣味で書いているのならまだしも、それで食っていきたいと思ってる訳です。
これを糧に、もっと良い物を書けるように頑張らねば。
ラダさん、ありがとうございました。


でんと石野田奈津代。

不定期連載になりました。(笑)
友達の黒猫に石野田さんのアルバム聞かせたらハマってました。
「60億分の1」でいきなり泣いたらしい。
うんうん、布教成功。
彼女の曲を色々聞いてもうすぐ一ヶ月。
感じたのが、「人と人の出会い&つながり」を大事にしてるなぁという事。
そんな歌詞が結構多い。
今回は「ハロー」や「サンキュ」を紹介。

「ハロー」はkiccaとして再出発した時にできた歌だと思われ、
私はまた歩き出したよと声を大にして伝えようとしてる曲。
その時の心情が素直に出ていて共感も覚えるし素敵な歌。

「サンキュ」はもっと後に作られた曲のような気がする。
沢山の人に出会い、そして別れ、色んな経験を積んで言葉にできた歌に感じる。
一部抜粋して紹介したいのだけれど、
どこもかしこも紹介したくて選びきれないのでやめました。
気がついたら全部の歌詞書き出しそうだから。
いま、物凄くお気に入りのナンバーのひとつ。

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

デザインフェスタ
2007/11/18 [Sun]23:05
category:日記
東京ビックサイトへ黒猫と行って来ました。
本日開催されていたイベントは「デザインフェスタ」。

イラストや写真、オブジェやら雑貨。
アクセサリーや映像に音楽。編み物からフィギアまで。
あらゆるアーティスト達が集まって展示、発表する場。
初めて行ったけどなかなか興奮できました。
見に行っただけなのに自分もアーティスト気分。(笑)

さて、なぜに急にそんな場所へ足を向けたかというと、
それは目当ての人がいたからでした。
ネットで出会ってから早2年以上になりますかね。
お友達のナガコちゃんが出展しているという事だったので、
黒猫とこっそりアポなしで行ってみようかと企んだのでした。
一応彼女のホームページで大体の場所は把握していたんですが、
思った以上に会場が広く二人して迷ってしまいました。
こりゃ手分けして探した方が早いと散開。
そして数分後、でんが発見いたしました。
携帯で呼び出して黒猫と合流。
さぁ、ついにご対面です。
ちょっとドキドキ、顔がにやけてしまう……

ブースの壁にお絵かきしていたナガコちゃん。
こちらに気づいていません。
ポストカードが並んでいたので黒猫と二人でしゃがんで物色。
ナガコちゃんこちらに気づいて笑顔。
でんと黒猫は顔を見合すと同じ事を思ったでしょう。
ちょっと、ちっちゃくてかわいいじゃないですか!?と。
だけど、もちろんナガコちゃんはこちらの正体を知りません。
とりあえず、一般のお客さんを演じてみます。

「かわいいね、この絵」と黒猫。

75617171945qz4.jpg


「うん、かわいい」とでん。
実際本当にかわいいと思う。
色使いも相変わらずのポカポカした感じで癒される。

「よかったら、これどうぞ」とナガコちゃんが
手作り名刺をくれました。
うんうん、君の事は知っているよ。(笑)

では、この辺ででんがジャブを2~3発。
「実はですね、ナガコさんのホームページ行った事あるんですよ」
「え~、本当ですか?」
「実は今日、ナガコさん目当てで来たんですけどね」
ナガコちゃん、ちょっと訝しげな表情。
「あ、ちょっと気持悪いですか?」
思わず聞いちゃいました。(笑)横で吹き出す黒猫。(爆笑)
「いや、そんなことないです」とか言ってたかな。(うろ覚え)
この辺から、どうやって名乗り出そうか頭の中で考えていたので
どんな話してたか覚えてない……
そして、手に取ったポストカード。
これだと閃きましたね。
一枚気に入った奴を購入して一言。
「あの~、サイン付きでお願いできますか?」
「あ~、はい」
突然の申し出にちょっと困惑気味のナガコちゃん。
「そんで、でんさんへって書いてください」
「……」
ちょっとした間の後、ナガコちゃんの頭に「?」が浮かんだようです。
「でんさん?」
「そう、でんさんって(書いて)」
「でんさん?」って2回目、まだ疑問形。
「でんさん」うなづきながら言います。
「え~~~、でんさん!?」ようやく理解して頂けたようです。
すかさず隣で「じゃぁ、オイラにも黒猫さんへって書いて」と黒猫。
「ええ~~~!?黒猫さん!?」
気持ち黒猫の方がリアクション大きかった気が。
……ちょっとジェラシィ。
口を押さえて驚いております。
期待通りのリアクションに大満足のでん。

こうして無事、第一目的を果たす事が出来たのでした。
いやぁ、喜んでくれて良かったぁ。

Image166.jpg


ちなみにこれがサイン付きのポストカード。
宝です。

他のお客さんに邪魔になってしまうので一旦撤収。
一時間後またナガコちゃんのとこでと再び黒猫と散開。
とりあえずグルッと一周見て回りました。
本当にいろんな人がいるなぁというのが一番の感想。
大きな白い壁に、書いてる途中の人もいました。
カレーライスをモチーフにした大きなベッドなんかもありました。
セクシーな美女に蛸をあしらったグロい絵なんかもありました。
シンプルなアニメの映像もありました。
よく見たら知ってる女の人が立ってます。
この前、自主映画の上映会で司会してた人でした。
ちっちゃなスペースで突然ライブ演奏始まったりするし、
本当に賑やかで全く飽きません。
あっという間に1時間。
とある銭湯一家のイラスト達を眺めていました。
そろそろ戻ろうかなと思って振り返ったら、
そこにナガコちゃんと黒猫が。
知らないうちに集合場所に着いていたでんでした。
「おお、じゃぁ行こうか」と黒猫。
おいおい、まだ全然ナガコちゃんと話してないんですけど。
だけどなんか既に帰る雰囲気。
邪魔になるから行くわよみたいな感じ。
後ろ髪引かれる思いで会場を後にしたでんでした。

こうしてでんの「デザインフェスタ」は終了したのでした。
黒猫ってば刺激されて自分も展示してみたいなと語ってた……
最後にナガコちゃん、相手してくれてありがとう。

ナガコちゃんのホームページ。
あのホンワカした絵が気に入った人は是非アクセス。
http://bobbybob44.web.fc2.com/
いやぁ、寒い
2007/11/17 [Sat]23:30
category:日記
急に寒くなりました。
上着なしではちょっと凍えますね。
軽く具合悪くなりましたよ。

早くもダウンジャケットの登場です。
こいつは冬の必需品。
下がTシャツ一枚でもへっちゃらです。

今日は土曜日ですが単発のバイトお休みしました。
今月末に応募しようと思ってる小説の進み具合が思わしくないので。
長いと途中で集中力が切れて放ったらかしになる。
それが目に見えているので、
しばらくは短編で書き上げていこうと思っていました。
なのに書いているとどんどん長くなっていく……
30枚前後で書き上げる予定が、
20枚書いた状態でまだほんのさわり程度の進み具合。
ちょっと考えて、一から書き直す事に。
ようやくまた20枚ほど書き上げてきました。
それでもまだ、進み具合遅いかなと感じる始末な訳ですが。

でんは凝り性です。
キンモクセイを扱った作品を書いているため、
いまや相当なキンモクセイ好きになってます。
まずは桂花陳酒というキンモクセイのお酒から手を出しました。
家で小説書くときは必ずお供にしております。
おかげで、書いてる途中で眠気に襲われます。
これでは執筆進むわけがありません。
困った。
すると今度はキンモクセイのお茶とお香があることを知りました。
お茶はどこで売ってるか分からなかったですが、
お香は無印良品で売っているらしい。

ダウンジャケット装備して買いに行きました。

Image164.jpg


無事ゲット。

これでサクサク執筆が進むぞと書き始めて数分後。
お香の匂いが思った以上にリラクゼーション引き立てます。
ぐっすり熟睡。

小説家への道は厳しい道のりです。


今日のでんと石野田奈津代。

だんだんと来月のコンサートが近くなってきました。
楽しみだなぁ。
最近はどんな曲を歌うんだろうと考えたりしてます。
コンサートタイトルにもなってる
「オリオン」は間違いなく歌うだろうな。
星をテーマにした曲を選んでくるのかな?
そしたら「流星シャワー」とか「サンキュ」
なんかも歌うかな。
「1等星」はどうだろう?
詩の内容は「オリオン」とかぶる感じだからやらないかな。
意外と新曲持ってきたりして。
うう~、期待が膨らむ。
そして何故か緊張する。(笑)
万引き
2007/11/16 [Fri]00:02
category:日記
どこぞのツタヤで万引き青年が捕まったそうです。

なんでも生活費を稼ぐために、
あらかじめ古本屋で高く売れる本を調べていたらしい。
そして決行。

盗んだマンガ本。

101冊。

オイオイですよね。
そんなにいっぺんに盗んだらそりゃバレるだろうよ。

どうやら近くの駐車場で、
マンガ本のビニールを破いてる最中に見つかってしまったそうな。

……。

店出るとき気が付けよ。ツタヤの店員さん!!
元某ツタヤ店員のでんが突っ込み入れました。
ミルクレープ
2007/11/15 [Thu]00:12
category:日記
でんはケーキ苦手だったりします。
基本的にスポンジケーキが苦手なんですけど。
でも不思議とカステラは好きだったりして。
ぱさぱさしてるのが嫌いなんでしょうね。(他人事)

だけど、好きなケーキもあったりします。
ひとつはレアチーズケーキ。
思い浮かべただけでよだれが出ますね。

そしてもうひとつがミルクレープ。

Image165.jpg


最高ですね。
最近コンビニでも見かけるようになったので買っちゃいました。
オールシーズン置いててくれればでんは買うのに。

一口食べて、美味い!!
こりゃいくつでも食べれるなぁと思う瞬間です。

でもひとつ食べ終わる頃には、もうおなか一杯なんですよね。
不思議だ。


近所の自動販売機で珍しいものを発見。

Image163.jpg


カレーうどん。

おでんやラーメンは知っていたんですけど、
今度はカレーうどんか。
珍しいもの好きのでんは買ってみました。
ほほう、麺はこんにゃくなのかぁ。
ふむふむ……

もう買わないかな。
日清のカレーヌードルの方が数倍美味いな。
因みにでんはカレーヌードル食べ終わった後、
スープにライスを投下してカレーおじやにして最後まで楽しみます。
どうでもいいですね。
ALWAYS 続・三丁目の夕日
2007/11/10 [Sat]17:28
category:映画
今日の仕事は丸ビルオフィスのPC移設というものでした。
この仕事3回目だったんですけど、
実に待機が多い。
仕事している時間よりも待機している時間の方が確実に長いのです。

楽じゃん!

そう思うでしょ?
でも何時まで待機とか知らされないんですよ。
いつ呼び出されるか分からないので、
どこかへ出かけることもできず、
しかもとくに休憩所もない訳です。
丸ビル内のホールで延々と待たされてみてください。
結構ダルいですよ。
まぁ、そんな時間でも金が稼げているのだから文句は言えませんが。

で、3時に仕事が終わり解散となったので、

折角東京駅まで来たのだから久々に有楽町で映画を観ようと。
隣の駅だし電車乗るのも勿体無いと歩いて行きました。
雨降っていたけど。
10分くらい歩いて有楽町駅前に着きました。
駅前がすっかり様変わりしていてびっくり。
バスターミナルがあった場所は地面がタイル張りになって
歩行者専用になってました。
地下鉄の出口もなんかオシャレになってて
「何だこの変わりようは!?」と突っ込みました。
新橋チックな町並みだったのに。

で、この町に来たらまず行く所がチケット屋さん。
映画を1800円で観るなんて事はしません。
前売り券系のものをここで買います。
今回見ようと思ったのはこちら。

04main.jpg


「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

もうね面白いとか面白くないとか、
そんなの関係ねぃ!です。
前回の作品がメチャクチャ良かったので、
それの続きなら無条件で見ようと思ってました。
ふんふんと鼻歌歌いながらマリオンへ。
エレベータで9階へ。

人、人、人……ひと~~~~~~~~~~~~~!!!!

何ですかこの人だらけの惨状は。
長蛇の列です。
あんたらはバカかと。
一瞬で見る気が失せてしまいました。
また今度くる事にしました。
場所選びを失敗したかな。

ということでこの映画のレビューはまた今度ということで。


今日のでんと石野田奈津代。

ちょっとネタ切れだったりして。
毎日聞いてますよ~。
今は「記憶」が流れてます。
久々に会ったおばあちゃんが自分のことを覚えていなくて
それがちょっと切なくて書いた歌らしいです。
アルツハイマーが入ってしまっているそうで。
その気持ちすごーく分かりますね。
うちの母親も脳梗塞で倒れたためアルツハイマーきてました。
あれって新しい記憶から無くなっていくんですよね。
月一でしかお見舞いに行けなかったんですけど、
行く度に頭の中は若返っていく訳ですよ。
ある日今歳いくつだっけ?と聞くと「38」と答えていました。
もう70だったんですけどね。
でんが32だったから「じゃぁ6歳の時にオレを生んだんだね」
と言うと不思議そうな顔してました。
次第にでんの事を息子だと思わず自分の弟だと思うようになり、
その時はちょっと切なかった。
「誰だか分かる?」って聞いても違う名前言われる訳ですからね。
そんな事を思い出しました。

「記憶」という歌の歌詞は、
どんなに記憶をなくしても君の名前だけは忘れないよ。
そう自分の脳に命令するよ。
そんな感じでした。
バイオハザード3
2007/11/09 [Fri]21:15
category:映画
10021647705.jpg


「バイオハザード3」見ました。

1と2は結構好きだったんですよ。
元ネタとは別として見て面白かったから。
2はジルが良かったんですよね~。
セクシーでかっこよくて。
アリスよりもジルが良かった。

な・の・に。

なんで3にジルいないのよ~。
最大の不満はそこです。(そこかよ)

代わりにクレアが出てましたけどね。
敵役では今頃になってウェスカー登場。
どちらも興味ありません。
なぜにジルが……(しつこい)

結局2からの引継いで出演していたのはカルロスだけでしたね。
2のエンディング、完全に無視。

あ、ついでに内容はですね。
すでにホラーではないですね。
完全なアクション映画。
これは「エイリアン」と似た移行ですね。
エイリアンの方が何倍も良い出来でしたけど。

こんだけ味噌クソ言うのはですね、
でんは結構この映画(バイオハザード)好きだったんですよ。
3がDVDで出たらきっと企画されるであろう
「3部作BOXSET」を買おうとまで思っていたのに。
3の出来にがっくりですわ。
おまけに3で終わらず4に続きそうなエンディング。

やれやれですよ。

……まぁ、上映されたら見るんですけどね。(ぼそ)
その時は是非ジル・バレンタインを……


今日のでんと石野田奈津代。

今回は「なにもない」という曲について。
この曲は「わたしのうた」に収録されている曲。
きっとこの曲を書いた時、一番つらい時期だったのではないかと。
メジャー契約が切れたときとか。
kiccaの活動が休止になったときとか。
もしくはもっと大変な時があったのかもしれない。
そんな時に出来た曲なんじゃないかな。

「いつだって期待に応えられない私は
 誰かを悲しませて苦しくなってしまう」

冒頭から苦しい歌詞です。
でもこんな弱音、誰もが持っているもので。
だれもが通ってきた道なのではないでしょうか。
ゆえに一番共感できてしまう部分。

「なんにもできないで 
 ただ笑ってごまかしているだけ」

ズキンとくる一言です。
おっしゃるとおりですと思わず頭を下げそうになってしまう。

「好きな気持ちだけでは 何の力にもならない」

非常にキツイ一言です。
単なる歌詞だろうと言われるかもしれませんが、
彼女は本当にこの時そう感じたんではないだろうかと
でんは思ってしまいました。
でもそれでも続ける事は力になります。
頑張っているのを見れば力を貸したくもなります。
応援もしたくなります。
諦めずに続ける事、簡単のようで難しい事。
でんも彼女を見習ってがんばろっと。

ちなみにこの曲、iTunese store限定で
「号泣バージョン」というのが存在。
自分の家でMDに録音したそうな。
本当にべそかいて歌っているんですけど
これを売り物にするのはどうかと思ってしまいました。
アルバムのシークレットボーナスとかに入っているのならまだしも。
そんな事をいいながらもでんは買ってるんですけどね。
聞いているんですけどね。
ミュージックダイブ 2005
2007/11/08 [Thu]18:36
category:音楽
今日のでんと石野田奈津代。

届きました~!

Image162.jpg


石野田奈津代LiveDVD
「ミュージックダイブ 2005」

今月苦しいのに通販で買っちゃいました。
明後日も単発の仕事入れたから、
それでチャラだ。うん。
土曜日に休むなんて贅沢だ。
プラマイゼロ、プラマイゼロ。

早速パソコンに取り入れて拝見。
いや~ん、石野田さんが喋ってる~!(当たり前)
ふんふん、こういう喋り方するんだぁ。
そしてライブが始まります。
海岸特設ステージ。
夕日をバックにキラキラ輝いてます。
アコギのみのシンプルな演奏と彼女の声。
うんうん、すばらしい。
モニターの前で体育座りして見てるでんが居ましたよ。
おお~、途中のMCがまた新鮮。
本当に故郷の神津島が好きなんだなぁと感じるトーク。
なんか良いですねぇ。
「流星シャワー」のアコギバージョン。
アレンジが違うとこうも違うのかと。
さらに好きになりましたね、この曲。
また「バカか」という単語でキュンっときちゃいました。
演奏をピアノに変えて、
今度は初めて聞く「終わりのない夏」。
またまた切ないラブソング。
気持ちが入ったんでしょうか。
歌い終わったあと、少し涙ぐんでいるように見えました。
「シロップ」もアコギで演奏すると印象変わりますね。
ピアノが入っていたkiccaのアルバムの時は、
何となく椎名林檎っぽいサウンドに聞こえたのに、
まごうなき石野田奈津代ソングになってました。
この歌も好きだなぁ。

アンコール込みの全10曲。
堪能しました。いやいや良かった~。
メニュー画面で「アルバム」というところがあったので
ちょこっとクリック。
フォトアルバムになってました。
神津島の風景をたくさん収められたこのアルバム。
やばいです。
物凄く行きたくなっちゃいました。
海が本当に綺麗。魚もすぐ近くを泳いでいるみたい。
岩場には橋が架けられていて飛込みができるようです。
楽しそう。
でも、でんはどちらかというと海より山派。
冒頭のインタビューの時からバックの山が気になっていた訳ですが、
登ってる写真もあったんですよ。
「天上山」というらしい。
もうね、決めましたよ。
どうしようか迷っていたんですけど。
この写真見て決めました。

来年の「ミュージックダイブ 2008」参加します。

神津島初上陸してやる。
伊豆七島は大島以来だな。
来年の予定、もう決めちゃったよ。


さて、DVDもとりあえず見終わったけど……
やっぱりiPodnanoで外でも聞きたいよな。
ネットで色々調べて見ます。
DVDの音だけを取り出せないかと。
ありましたよ~、無事wavファイルに変換。
で、今度は曲だけにするために編集。
切ったり貼ったりでトラックを作成していきます。

出来た。

数時間かけてでんだけのアルバム
「ミュージックダイブ 2005」が出来上がりました。
本当にこういうの好きだよなぁと自分にコメント。

続・鳥居みゆき
2007/11/07 [Wed]22:37
category:日記
今日一日中、彼女の事を考えてました。
もうこれは、恋ですね。(笑)

なんて冗談はさておき。
考えていた内容はというと、
彼女はブレイクするのかという事。

すでにネット上ではニコニコ動画でブレイクしていたようで。
でんはニコニコユーザーで無いので知りませんでしたが。
でもネット上だからブレイクできたと思ったりもします。
正直ネットは無法地帯ですから、なんでもアリです。

でも世の中でブレイクとなるとやはり地上波です。
ネット環境の無い人たちって今でも結構いる訳で。
そんな人たちの情報源はやはりTVなのです。

さて、鳥居みゆきですが。
物凄く面白いです。腹抱えて腹筋割れそうでした。
でも問題はあのキャラクターです。
そう、キチ○イキャラ。
これは正直タブーなネタですね。
日本人というヤツは、とかくモラルにうるさい人種だと思います。
他の外国人は良く知りませんが。
差別、偏見といったものに物凄く敏感に反応します。
そのくせ犯罪大国日本って感じなのですけれど。
そんな日本というプラットホームで彼女は受け入れられるのか?
そこが疑問です。

ネタは正直テンション芸なので最初はひくでしょう。
笑っていいのか観客は迷うからです。
でも彼女を受け入れる空気が出来上がっていれば
なぜかウケるんですよね。
いわゆるドリフ効果ってやつで、
周りが笑っていればつられて面白く感じてしまうというもの。
小島よしおは周囲に笑い声が沸かなければ相当寒いと思いますよ。
前にヤフー動画で彼のを見たんですけど、
それは個人撮影で観客がいないものでした。
ちっとも面白くありませんでしたもの。

ようはモラル意識の高い日本人が
彼女のネタを笑える空気を作れるかどうか。
これにかかっている訳です。
だけど日本人は物凄く周りに流されやすい人種だと思います。
過半数が面白いといえば、
多少モラルが欠けていようが受け入れられてしまう。
あぁ、日本人って薄っぺらい……
そんなこと言ってるでんも日本人ですけどね。
鳥居みゆきがブレイクするのか?しないのか?
興味ありますね。

さんま御殿とか出たら大ブレイクしそうですけどね。
どこまで放送に使えるかが疑問ですけど。(笑)



さて、でんと石野田奈津代の時間です。

またお気に入りの曲が見つかりました。
「夢の話」に続いてkiccaのナンバー。

「流星シャワー」

星が好きな彼。そんな彼が好きな私。
でも、彼には好きな女性が。
それなのにそれを応援してしまう私。

「私はバカか そうバカなんだけど
 そんな事口走るくらい あなたが好きなの」

このフレーズの「バカ」という単語にキュンときてしまう。

「いしのだなつよ」から「kicca」になってから
歌のイメージが凄く広がったと感じる。
物語性が出ていて、聞いてていろんな想像が浮かんでくる。
そして現在「kicca」から「石野田奈津代」に変わり、
歌の世界観はさらに広がったと感じさせる。
色んな経験を積んできたんだろうと思わずにいられない。
いい歳の取り方をしているんじゃないかな。

鳥居みゆき
2007/11/06 [Tue]23:01
category:GyaO
そういえば「ダベリ場」更新したかな?

そんな思いからGyaOのトップページへ。
そうしたらGyaOジョッキーの更新で
「地上波では無理」というコピーとともに凄い表情の女性の顔が。

彼女の名前は鳥居みゆき。
ものすごいキャラクターでした。
ものすごく綱渡り的で、ものすごい危うい。
ただ、これを扱う司会の人は大変だと思う。
髭男爵という芸人さんが進行していたのだけれど、
1時間の収録でフルマラソンし終わったような、
それほどの疲労感に襲われてた様に見えた。

その番組中に、カンニングの竹山がメインのGyaO番組にも出演した事を言っていたので、そっちの方も見てみた。

久しぶりに腹抱えて笑いました。
腹筋が痛くなるほど。
竹山が独立して自分の事務所を作るという設定の番組。
そこへ新人芸人が面接に来たというもの。

これまた物凄いです。
本当にギリギリのラインです。
地上波は絶対ダメでしょう。(笑)
文字や口では彼女を表す事は物凄く難しい。
実際に見てもらうのが一番。
GyaOに登録してる人は是非是非。

ふと思いついてyoutube検索してみた。
ありましたよ~。

四つに分かれてますが是非彼女の物凄さを体感してください。

http://www.youtube.com/watch?v=2570I3JFUdQ
その1

http://www.youtube.com/watch?v=O3uDiTPfjYY
その2

http://www.youtube.com/watch?v=JUCEvMhzncI
その3

http://www.youtube.com/watch?v=c1DseqzgR3E
おまけ

彼女のネタは正直あまり面白くない。
というかついていけない。

初期の堕天使ネタは「だいたひかる」系でたまにヒットするけど。
あと「妄想結婚式」はネタというか脚本が良くできていて
ちょっとした小芝居みたいで結構好き。

今のキャラでいくとなるとやはり竹山のようなツッコミがいないと
どうにもならない気がする。
ピンでやっていくのは険しいかと。
でも最高に面白かったので応援します。


さて、今日のでんと石野田奈津代。

最近ヘビーローテーションは「夢の話」
第一印象のメロディも結構好きだったんだけど、
歌詞をじっくり聞き出したらまた良い。

夢に出てくる人は自分が想っているから現れるんじゃなくて
相手が自分を想って現れるんだ――
そんな話を聞いた女の子の切ない歌。
またよりを戻せたら、なんてそんな期待もしないし望もしない。
ただ君がどこにいて何をしているのか。
それが知りたいだけ。ただそれだけ。

ちょっとグッときちゃいました。
またもインスピレーション沸いちゃいました。

ショックな事が
2007/11/05 [Mon]23:47
category:日記
この前ヤングジャンプを立ち読みしてたんですよ。

基本「GANTS」と「べしゃり暮らし」しか読んでいなかったんですが、
最近新連載もチェックしてたりします。

タイトル忘れましたが駅伝の漫画が面白そう。
それと「孤高の人」という漫画が連載スタート。

クライミング漫画なんです。

最終的には外の険しい山を登るようですけど、
クライミング用語が結構書かれてまして。

「ピンチ持ち」「ヒールフック」「マントル」「パンプ」
「ランジ」等など……

でんはその内フリークライミングの話を
書こうと思っていたんですよ。
そこで普段聞きなれない単語を羅列したかったんですけどね。
こんな漫画というメジャーな媒体で垂れ流し。
下手すれば流れ的にクライミングジム等の描写も
描かれてしまう雰囲気。
新鮮さがどんどん薄れていってしまうぅぅぅぅ。

まぁ、テーマがおそらくでんの書きたいものとは違うと思うので
話がかぶる事はないと思いますが、
この素材はまだ隠しておきたかったというのが本音。
早く連載終わってしまえと黒い言葉が湧き出てしまう。


でんと石野田奈津代。

ミクシー動画のみで聞ける「サクラ前線」という曲。
メディア化されてないんです。
ふと思いつきました。
色んなことしてなんとかmp3化に成功。
iPodに入れて外で聞けちゃえるようになりました~。
あ~、小さな幸せ。

アコギのみの演奏でアップテンポの素敵な曲。
第一印象で結構好きになりました。
本当に多彩なメロディ作るなぁと心から賞賛。
何故にブレイクしないのかと不思議でしょうがない。
でも、ブレイクしてしまうとそれはそれでちょっと寂しい。
ブレイクして欲しいけど、このままでいて欲しかったりもする。

ファンというのは本当に身勝手なもんです。
女子バレー
2007/11/04 [Sun]23:47
category:日記
ふとしたきっかけで、久しぶりに女子バレー見ました。

何年振りでしょう?
相当なもんです。
斉藤真由美、益子直美、大林素子、中田久美、佐藤伊知子などなど。
そんな彼女らが活躍していた時以来です。

斉藤真由美かわいかったなぁ……

で、久々に見たバレーボールで思ったこと&感じたこと。

1、選手が誰も分からない。

ええ、メグカナって名前は聞いた事ありましたけどね。
顔は見たこと無かったです。
でもマナカナは顔分かります。結構好きです。

2、ルールが結構変わっている。

サーブ権の移動と同時に点も入るんですね。
1セット15点先取じゃなく25点になってるし。
あと一人だけユニフォームが違う人がいて、
小さいからセッターの人だけ区別されてるのかと思いましたよ。
レシーブ専用の人なんですね。
攻撃はできないとか。

3、平成ジャンプの存在。

漢字で書くと週刊誌みたいだ。(新たな発見)


セルビア戦でしたが、惜しくも負けてしまいました。
結構後半、良い流れがきてたんですけどね。
残念。
でも、選手の名前と顔、大体覚えちゃいましたよ。
ベンチにいる時の大山加奈、ちょっとタイプでしたね。
コートに入るとちょっと怖かったけど。
でも彼女がコートに入った瞬間、
凄い盛り上がって存在感のある人なんだなと思いました。
明らかにムードが変わりましたもんね。
栗原恵と木村沙織はまだ同じ顔に見えてしまいますが、
次の試合見たら見分けがつくだろう。(笑)


さて、今日のでんと石野田奈津代。

12月のコンサートチケットが今日から発券されるという事で
早速セブンイレブン行きました。
引き換えレシートを渡すと発券代として105円徴収。
5000円のチケットなのに手数料やらなにやらで、
結局最終的に5715円もかかってしまいました。
手数料ってなんかムカつく……(つぶやき)

Image160.jpg


ま、なにはともあれ遂にチケットゲットです。
あ~、一ヶ月先だけど楽しみだぁ。

E列って5列目だろ~。結構後ろなのかなぁ。
プラネタリウムの会場ってどこが舞台になるんだろう。
ちゃんと見えるんだろうか?
何曲ぐらい歌うんだろう?
イズミカワソラという方とツーマンらしい。
彼女の事は何も知らなかったりする。

2007/11/03 [Sat]22:06
category:日記
毎週土曜日は単発のお仕事です。
さて今週のお仕事は……

勝どきで一日中「鮭の切り身を箱詰め」

冷凍の鮭を派遣先の会社の方が半身に割いてくれます。
それをでんが矛につめていくという作業だったんですが……

鮭っていっぱいいるんだなと。
今ざっと計算してみて1500匹は軽く捌きましたね。

冷凍だからあまり生臭くなかったのが救いでしたが、
次から次へと現れる鮭の群に終わりが見えず
心が折れそうになりました。

とんかつ弁当が支給されたのも嬉しかったな。

あとブラジル人のシルバさんと友達になりました。
ブラジルということで、
でんの友達がカポエイラにハマっているんだと言うと、
彼も昔やっていたとすばらしい蹴りを見せてくれました。
鋭い回し蹴りでよく足が上がるなと感心。


今日のでんと石野田奈津代。

友達に頼んでいた「トーキョー・ストロー」を受け取りました。
これでシングル以外は全て揃いました。
あとはDVDとシングルかぁ。

ちょっとお金使いすぎてるな……

まだちょっとしか聞いてないけど、
「ハロー」と「ミックスジュース」はキャッチーでした。
ミックスジュースのサビの歌詞が何語だ?と思ったら
化学化合物などの羅列だった。
しかも毒性の強そうなのが並んでいるような。
メロディーは昔のアジカンの「君という花」を思い出させる
アジアンテイスト。
結構好きかも。

でも「トーキョー・ストロー2」の方がでんとしては好きかな。
もっと聞き込めば印象変るかもしれないけど。

ラブソングができるまで
2007/11/02 [Fri]23:39
category:映画
久しぶりに映画見ました。

ちょっと前のやつですけどね。

「ラブソングができるまで」

51X0sod0qRL._AA240_.jpg


いやいや、なんかホンワカして良い気分になれる映画でした。

ドリューバリモア、そんなに美人でもないのに。
何ででしょうね……かわいく見えるんですよね~。
不思議だ~。

ウエディングシンガーの時もそうなんだけど、
笑顔がかわいい。
やっぱり笑顔がかわいい女は良い!!
こっちも笑わせたくなってしまう。


あらすじ。

80年代人気アイドルグループだったアレックスは、
昔の栄光にしがみついて落ちぶれてた。
そこで思わぬところでチャンス到来。
今大人気のカリスマディーヴァのコーラがアレックスのファンで、
新曲を作ってほしいというオファーがきたのだ。
だが、アレックスは作曲の才能はあったが
作詞は苦手であった。
2週間以内という締め切りもあり、苦悩のアレックス。

観葉植物の世話をバイトでしていたソフィー。
鼻歌を歌っていたソフィーの歌詞を聞いて
アレックスは彼女の才能を見つける。
何とか頼み込んで作詞を手伝ってもらうことに。

こうして運命の一曲をつくりあげるふたりの共同作業が始まる。


良い曲なんですけどね。
良い歌詞なんですけどね。

ブリトニーみたいなエロエロで歌い踊る方なんですよ。
コーラって女の子は。
ライブもそんな曲が次々と流れてて、
そこでポンッとアレックスとソフィーが作った歌。
ミスマッチな感じがしたのはでんだけですかね~。

いや、素敵な曲なんですよ。
本当に。


まぁ、総括すると「ドリューの笑顔でキュン死に」ということで。



はい、本日のでんと石野田奈津代。

やばかったです。
チケット折角取れたのにドブに捨てるところでした。

発券期間が11月4日から12月3日になってたので余裕こいてたら
今日中にお金を支払わないとチャラになるって事でした。
発券期間と支払い期間をごっちゃにしちゃいました。

ばっちり払ってきましたよ。

ついでに水道ガス電気も払ってきました。

日曜日、チケットを発券してもらいにいってこようっと。


kiccaのアルバム聞いてます。
7曲しかないミニアルバムなんですけど、
捨て曲無いなかなかの秀作でしたよ。

字余りな曲が多かったけどバンドの色なのかな?

3曲目にシロップという曲にクラムボンの原田郁子が参加。
……クラムボンって個人名じゃなかったんだ。

なんとなく昔のaikoを浮かばせるメロディーだった。
で、ピアノが際立つラストは椎名林檎っぽく聞こえた。
結構好き。

5曲の夢の話はヤバイね。
思いっきり共感できる歌詞でした。
自分重ねちゃったりした。
良い夢を見た時、目が覚めた後の寂しさったらないね。

あと一曲目の「おいんげぇときちゃーれ」
タイトルがいいね。
小説のタイトルにしても使えそう。
神津島の言葉で「私の家に来てください」という意味らしい。
ほかにも歌詞で島の言葉が使われており、
全部訳して欲しいのだが。

しゃばの田舎だけん~♪

なんだ「しゃば」って?

11月スタート
2007/11/01 [Thu]22:21
category:日記
今年も残すところあと2ヶ月。

早いっすね~。

今書いてる小説を11月30日締め切りの

「第3回 世界で一番読みたい小説グランプリ」

http://www.eggcity.jp/novel/nakigra/third/

に応募しようかと思ってます。

この前書いた作品がリハビリ効果あったようで、
調子いいです。

どうせ書くならどこかに応募しないと勿体無いしね。

モチベーションも上がるってもんだ。


さて、今日は上野で飲んでました。

メンツは黒猫、デザくん。
そして北海道からのゲスト「虎さん」。

Image159.jpg


おみやげ貰っちゃいました。

美味しかったです♪

お返しにでんの新作の原稿を無理やり持たせました。(笑)

いや~、気持ちよ~く、お酒飲めましたね。

からしゃんにみんなそれぞれ絵を描いてあげて
虎さんにお持ち帰りしてもらいました。

酔っ払って描いた絵なので、
ゴミと間違えて虎さんが捨ててしまわないかが心配。(汗)

お返し(?)に虎さんがセクシーチャイナ娘を描いてくれましたのよ。

でんが貰って帰ってきました。

スキャニングしてみんなに送ると約束しましたが、
めんどくさいのでやってません。
この絵はでんだけのモノという事で。(あは)


今日のでんと石野田奈津代。

今日は彼女のこの声が好きという
ピンポイントのところを教えちゃいます。

「温度」という曲のサビ。


流れ出す涙は あなたのそのやしい温度
こぼれだすこの愛は あなたへとずっ注がれてく


という歌詞なんですけど、
アンダーラインのひいた「さ」と「と」のところが良い。

キュンときちゃいます。

あまりにもピンポイントですけどね。


もうひとつ教えちゃおうかな。
今度は「バラ色」という曲から。

2番のサビの最後。


一瞬の出来事や些細な事に あなたが触れるだけで輝いていた


この「た~」の伸びる所がまた良い。

キュン死にしそう。

石野田さん、最高です。


Blog Pet

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

カウンター

ブログパーツ カウンターカウンター 無料アンチエイジング不動産 情報